チモ

私について

長年地下に住んでいる"チモ"(Chimoz)は裸足で手足が毛むくじゃらの妖精である。道にある穴を通り、地上に出ては面白いものを探す。前回チモが地上に出たのはかなり昔のことである。チモが裸足で地面に足をつくのは地球に対する愛護を表しており、手足の毛を残しているのは生まれたときの特徴のまま自己を表現しているからである。